27年前の今日

コロナウイルスが世の中に浸透し始めてから3年経つ。初めは……緊急事態宣言……外出自粛……ディスタンス……ディスタンスの日々。外に出るのが怖かったけど、今は人間が怖くなってきた。

食事介助のヘルパーさんが「今日は、阪神・淡路大震災が起こった日です。あれからもう27年経つんですねぇ」と考え深げに教えてくれた。そうか、あれは27年前のことか。

その時、私は、アキラとレイジと女性ダンサー1人と4人で、ドイツのザクセン州大学都市ゲッティンゲンに滞在中だった。ホテルのテレビの画面から次々と流れてくる映像を観て、何やら日本が凄いことになっている⁉︎………初め、ホテルの部屋の椅子に座ってテレビを観ている日本人である自分と日本の阪神地方を映す凄まじい映像が、私の中で結びつかなかった。

それから3ヶ月後の3月に地下鉄サリン事件が起こった。その時も、私はドイツのシュツットガルトのホテルの部屋でテレビを観ていた。次々と地下鉄の階段から担架で運び出されてくる人々………毒ガスが空から撒かれるのでは………家族は大丈夫だろうか?………一緒に同行した私たち日本人は、いろいろなことを想像しては、ドイツと日本のディスタンスはどうにもならず、ひたすら家族の無事を祈ることしかできなかった。

あれから27年。世界はどう変わっただろう。自然災害、テロ事件、民族戦争、難民問題……地球を覆うコロナ禍………闇に向かって傾いた地球星………何処に向かっていくのだろう。

今年の大寒は1月20日……続いて……立春、雨水、啓蟄、春分………季節は巡り………今、我が家の中庭の草木は、じっと我慢して春の光を待っている。