諦めながら……夢……夢の中へ

「マルテの手記」めでたく読了。とはいえ、私の心の中のマルテの闇は、深まるばかり。もっともっと、岩盤を鑿で打ち砕くように、丁寧に読まなければ…とは思うものの…リルケだって6年の歳月を要して生まれたマルテですもの…私には、立 …

内と外

久しぶりに太陽の光。南に面した広間の大きなガラス扉を通して、美しい青空が見える。水平状態の私には、我が愛しい雑草の庭は、見えない。ダヴォスのサナトリウムでハンス・カストルプくんが勤しんだ横臥療法の気分。 スマホホルダー …

天使館ダンス現在『展示するカラダ』構成・演出・振付 笠井瑞丈 

天使館  ダンス現在  「展示するカラダ」   構成・演出・振付    笠井瑞丈 2011年4月11日・13日14日 笠井瑞丈が西洋古典音楽の最高峰のひとつと言われるJ・S・バッハの「フーガの技法」に挑んだ。 ピアノ演奏 …

鈴木ユキオsolo incomplete live評2 笠井 叡

                 ダンス現在         鈴木ユキオsolo  incomplete live 2020.7.5 天使館                『不完全なライブ』 ソロダンスにおける流れの中の …

鈴木ユキオ solo 『incomplete live』評1 笠井 叡

  ダンス現在 in Tenshikan  2020年 7月5日(日曜日) 19:30~20:30 鈴木ユキオのダンス的光景に初めて出会ったのは、2015年8月5日、草月ホールで催された「室伏鴻のお別れの会」の時であった …

コロナの時代からの労働とダンス 2  笠井叡

コロナの時代からの労働とダンス 2 すべて事の発端は、2020年3月26日から始まったKAAT、神奈川芸術劇場の大ホールで催された、笠井叡『DUO の會』である。この公演は笠井叡が大野一雄氏と1963年の春に出会い、以来 …

コロナの時代からの労働とダンス   笠井 叡 2020 5/12

経済活動は今日、最も重要な課題である。それは現代という歴史的な転換期において、唯一解決しなければならない最大の課題である。この問題を解決しようとしない限り、アート全体の未来的な方向は見えてはこない。今日、人間は総じて、経 …

9月22日より笠井叡ダンス・オープンクラス開講

この9月より天使館の「ダンスの学校」が開校されます。 8月15日までに参加希望者を募り、多くの方々に応募いただきました。 この学校は個人スタジオという小さな空間で、 持続的にダンスの体験を積み重ねながら、カラダ作りを行っ …

ダンスの学校 開校 今年九月より 笠井叡 講師

日本のダンスの歴史とともに、55年間歩き続けてきた笠井叡が持つ、すべてのダンス・コンセプト、ダンステクニック、イメージを、参加者に手渡しつつ、参加者全員で作ってゆく小さな学校です。一か月、二回、全24回、一年間通しの学校 …