「あわい」オイリュトミー公演の映像を観て想う

オイリュトミストのノリちゃんが送ってくれた、5月の「あわい」オイリュトミー公演の記録映像を観た。美しい! オイリュトミーを観ると、いつでも「美しい」と感じるは、なぜかしら? 私が、初めてオイリュトミーなるものを目にしたの …

生と死へのベクトル

物質体が壊れたら、元には戻らない。新しい物資体を作らなくてはならない。 私が、自分の体を自分で支えられず、水平生活になって2ヶ月経った。砂浜に流れついた痩せた流木のようにベッドに横になり、ついに私の体は修正不可能となり、 …

「自転車泥棒」を観る。

一日中、灰色の空。時間も空間もひっそりとして動いてくれない。 iPadでイタリア映画の「自転車泥棒」を観る。白黒の映像が流れ出すと、体がすっぽりローマになった。あぁ 懐かしいローマの街。テベレ川沿いの遊歩道。路上電車。バ …

生きること・踊ること

ミツタケ×なおか企画の天使館公演「バッハのフーガの技法を踊る」も、昨夜無事に終わってホッとした。4月からの稽古、本番前の通し稽古、続いて4回の本番。その全てを、私は天使館から中庭を挟んで5mの母家の居間に天使館と並行に置 …

初夏の夕暮れ

初夏の夕暮れ。ベットから空の色の移り変わりを眺めているうちに、瞼が重くなって、うとうとと………そう、今日の午後、2人がかりで支えてもらって、ひさしぶりにシャワーを浴びることができたのだ。あぁ、さっぱりした! ありがたいこ …

薔薇の季節

6月といえば、June Bride、妖精たちの祝祭「真夏の夜の夢」、ヨーロッパは薔薇の季節………美しいだろうなぁ〜、いきたいなぁ〜…………子どもたちと森で遊んだ、懐かしいStuttgart の日々を思い出しながら………。 …

純白の紫陽花

今日は、2002年、黒姫で亡くなられた矢川澄子さんのご命日。ちょうどその日、亡き吉岡実さんの13回忌の法要が巣鴨のとげぬき地蔵院の真性寺で行われ、お墓にお参りした後、故人のお気に入りのお蕎麦屋さんに親しい詩人や絵描きや編 …

映画鑑賞

寝ながらiPadアームスタンドという代物をベットに取り付けてくれたので、早速、iPad miniを付けてVideo配信されている往年の名画「カサブランカ」を観た。愛、恋、信頼、信念、裏切り、虚栄心、嫉妬、差別、貧富、人情 …

時間も空間も動かない。

すっかり、太陽から見放されてしまったのかしら? 私のベットから少しも青空は見えない。 時間も空間も、息をひそめているかのように動かない。 午後、訪問薬剤師の二人の女性が、私の薬を届けに来てくれた。お医者さまが処方した薬を …

私の時間は私の時間

いつかは読もうと思いつつ読み過ごして来たゲーテの「若きウェルテルの悩み」を読んでみた。リルケが「マルテ」を書き始めたのも20代後半、「ウェルテル」もゲーテの20代半ばの作品。 体の機能は、ますます衰えていくというのに、今 …